月別アーカイブ: 2015年5月

東京女子医科大学病院

東京都にある、東京女子医科大学病院は1000床もある国内でもトップクラスの大学病院です。
私はこちらの病院で助産師として働いています。

助産師求人を探すならこちらのサイトがいいですよ。

助産師求人

東京医科女子大学病院は、患者さんの視点に立って、安心・安全な医療の実践と高度で先進な医療を提供してくれます。
約40の診療部門とがんセンター部門、それらを支える15の新支援部門のある東京女子医科大学病院。

私が助産師として働いてる産科・母子センターは、糖尿病や心臓・腎臓疾患等を有する合併症妊婦を多く扱うという点で、他とは違った特殊性の強い施設となっているのです。極低出生体重児の出生や心身合併症など早期診断・早期対応が重要となると考えています。一方では、安全に裏打ちされた「快適な分娩」への要求に答えるべく、リスクの少ない産婦に対して陣痛から分娩、産褥期まで同じ部屋で管理のできるLDR(Labor‐Delivery‐Recovery)を提供してくれるので、妊婦さんが落ち着いて出産をすることもできますし、万が一赤ちゃんに何かあったとしても迅速な対応ができるので安心以外の何ものもないのです。

東京女子医科大学病院は、患者さんの権利として、

①安全で良質な医療を受ける権利
②個人の人格や価値観などが尊重される権利
③病状、治療、手術、検査などについて分かりやすい言葉で患者さん・ご家族の方が納得できるまでの説明を受ける権利
④十分な説明と情報提供を受けた上での治療や手術、検査などを個人の意思で選択できる権利
⑤診療過程で得られた個人情報が守られる権利

以上の権利をもとに診察等を行っているのです。

実際に、私が働いていても、診察を受けた時にしても、医師・看護師の患者様の立場に立った診察・治療を身を持って感じることができています。
院内もとても清潔ですし、レストランや売店は複数ありとても充実した院内となっています。
入院や治療をしていると気持ちや気分も落ち込みがちになってしまいますが、この東京女子医科大学病院は少しでもそういった気持ちを和らげてくれるとても素敵な病院だと思っています。

私は助産師として求人を探して、現在東京女子医科大学病院で働いています。看護師さんもたくさんいて、こちらで働きたいっていう方もよく聞きます。

看護師の求人探しで大切なことは。。。

事実男性・女性でも、あまり給料に違いがないのが看護師の仕事だと考えられます。主に能力やキャリア面の差が影響し、お給料開きが生じることになります。
実際インターネット上の看護師転職情報サイトが担当する役目といえば、マッチング機能です。病院に関しては求人を手に入れることができます。転職希望者が使用することで転職できたならば、運営者の向上にもなることでしょう。
看護師を対象とする転職の情報を入手したいならば、ネットにて看護師専門の転職情報サイトというのがあります。かつまた看護師向けの転職研修セミナーも時折開催が行われていますから、訪れてみるのも手だと思われます。
一般的に看護師の年収額は400万円前後位と聞かされていますが、これから先はどういう風に変わっていくと思いますか?実際の超異常な円高に連動し、ますます上がるのが世間の予測だと言われます。

病院労働がハードである際は、看護師を求めているといった自分に合う病院に移り変わるのもいいかと思います。まず看護師転職におきましては、できるだけあなたが余裕を持てるように変えていくのがベストな方法です。
ここ最近は経済不況が進行しているのですが、その一方看護師業界では比較的経済情勢のダメージを強く受けることなしに、求人情報はたくさん出ており、さらに良い先を見つけ出し転職を行う看護師たちがいっぱいいらっしゃいます。